Uncategorized

怪しい金融会社に目をつけられないようにするために融資の返済は契約通りに確実に返済しよう

更新日:

もしも、融資を受けたものの返済ができずに自己破産という形になると、融資の未返済者として銀行などの金融会社は判断します。

そこで今回は融資の返済が遅れたor未返済だとどうなるかという点についてまとめていきます。

信用情報会社による融資未返済の確認

融資の未返済については、信用情報会社に照会すると、過去に長期間融資の未返済をしたことがあると分かってしまいます。信用情報会社とは、信用情報をチェックすることが可能な会社です。

また延滞や、ローンの返済状況やキャッシングの返済だけでなく、過去に自己破産したことがあるかについても確認されるのです。となれば「私の信用情報ってどうなっているんだろ...」と気になる方もいるかと思います。実は個人の信用情報はいつでも把握することが可能です。気になる方は有料ではありますが、こちらから確認することができます。

過去の記事でも掲載していますが、その人の信用情報を調べることで、金融会社、クレジットカード会社は「このお客様に融資をしてもいいのか」など審査の判断根拠としているわけです。例えば、ローンを複数のところから利用している人や、自己破産したことがあったり、債権を整理した経験があるといった情報も信用情報を調べることで分かってしまいます。具体的な審査のやり方は金融会社ごとに異なりますが、信用情報会社に自己破産や債権整理といった情報の履歴が残ると、大抵審査には通ることは難しいというのが現実です。

また、一度でも自己破産や返済の延滞などの経験がある方にですが、情報は、5~7年くらいは、記録として残されているので注意しなければならないと言われています。もし心配であれば、先ほどご説明した個人信用情報について試してみたほうが良いかもしれません。

怪しい金融会社には要注意!

融資を受けたいけれど自己破産しているという人に、あまり聞いたことのないような、イメージの悪そうな金融関連の会社がお金を貸すようなの話を持ってくることがあります。これをいわゆる「ヤミ金」と呼ばれたりします。自己破産してしまい、お金を借りられない状況にあるはずなのに、お金を貸してくれるような甘い誘いをかけてくるようであれば、何か裏があると疑わなければなりません。

とんでもなく高い利息をつけてお金を貸す状況をドラマなどでよく目にします。金融会社から付与する利息だけでも月々の返済が厳しかったのに、ヤミ金融の利息など返済していけるわけがありません。自己破産をした後は、しばらくの間は自己破産することができないので、お金が必要だけど借りられないような人は悪徳な金融業者からすれば、絶好の獲物であり、話をすれば話にのっかってくれるんじゃないかという目で見てしまうのです。

もし「ちょっと怪しい金融会社だなー」と感じたら、そのまま話に乗らないで、誰かに必ず相談することをおすすめします。法律事務所の弁護士や司法書士といった方々が専門に相談に乗っていただけるということなので、参考としてください。絶対に非合法な金融会社には騙されないように気をつけなければなりません。

最後に

今回は融資の返済はしっかりと行うこと、怪しい金融会社には要注意することについてまとめてきました。自己破産をしたら、「返済もなくなったから、またゼロから頑張ろー」というような一気が楽になるようなことはまず考えられないことです。生活水準が以前の生活よりも厳しい状況になっている可能性があるので、精神的にも辛い状況が続くと思います。

もしも自己破産が自分の考えていたとおりになったとしても、自己破産した今からいつ何が起きるかわからないということを肝に銘じて、慎重に行動、生活することがとても大切になってきます。

また融資の利用は計画的に行わなければいけません。申し込みや契約の際に、対応してくれる方がいましたら、ちゃんと相談しながら申し込みを行うようにしましょう。自分自身には無理な厳しい返済額だと感じたら、返済期限を延ばして返済額を変更するなどの対応をすることもできます。そのため返済をしっかりと行っていける融資を受けることがとても重要です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ご覧いただいた方へ少しでも有益な情報になれば幸いです。次回更新もよろしくお願いします。

-Uncategorized

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.