就職・転職

中途採用の求人(公務員の中途採用も含む)に応募するときの2つの重要なポイント

更新日:

 

f:id:jqianwu969:20180902235059j:plain

 

転職をされた方の多くは、応募した企業の中途採用という形で入社されています。

中途採用とは、企業が不定期に実施する人材採用を意味し、一般的には企業の経営環境の変化に応じて必要な求人募集を行うことを言います。

企業が中途採用者を選考する場合には、人材を評価するために面接試験を重要視されていますが、では一体、中途採用の場合の面接のポイントとは何でしょうか?

そこで今回は中途採用の求人(公務員の中途採用も含む)に応募するときの2つの重要なポイントについてまとめていきたいと思います。

まずはここから!新卒者と社会人経験者の面接は大きく違う!

求人を出している企業側において、採用する人材が新卒者を目的にしている場合には、技術や実績はそこまで重視しておらず(技術、実績があれば高評価)、社会人経験がないということを前提に雇うことを考えています。

新卒者の面接では、技術や能力を評価することよりも、第一にその人の人格を見ることを重要視されている企業が多く、中途採用で人を増やしたい場合は、応募者の個性も見ますが、それよりも即戦力になってもらえるだけの技術や知識を持っているかという点を重要視しています。

社会人としての基本的な常識は身についていて当然

企業の立場から見ても、中途採用者を評価し、採用するかを決めるための面接は、個性、人柄などについては常識のある行動をとるものだろうと考えているのは、社会人経験があるからこそ当然のことで、それに何もできない人をいざ採用しても人件費の無駄遣いだと考えられてしまうため、中途採用者の面接の壁はとても厳しいものがあります。(増員だけが目的のため、未経験でも中途採用する企業もあります)

中途採用が可能な企業を探しているという方は、新卒の時の就職試験とは大きくポイントが違っていることをまずは十分に理解しておかなければいけません。

自分自身の性格や今までの仕事の経験などを振り返ることがとても重要で、例えば、前の会社で「〇〇をして上司に怒られた」「〇〇のような失敗をした」というようなことを振り返り、反省し、自分自身を客観的に捉えておくようにしましょう。(例えば報告書の提出の期限に間に合わず、期日が過ぎてから提出してしまったなど)

自己満足ではダメ!自分の経験、実績を簡潔かつ具体的にPRして会社側に利を与えよう!

中途採用の面接に臨む前に、自分にはどんなことができて、どういった経験を積んでいて、それは新しい職場でどう活かされるのかを簡潔かつ具体性を入れて話せるようにしておかなければなりません。

大半の場合は、採用面接の段階に進んでいる時点で、履歴書や職務経歴所による書類審査は終わっており、面接は次の段階となっています。

言い方を変えれば、面接をしてもらえるということは、書類審査の段階で企業側から「この方は興味がある、直接会ってみたい」「即戦力として使えそうだ」とかなり期待されている状態なのです!

全然興味の湧かない人と面接するわけがありません。

そのため面接の場では、一番いい自分、今の最高の自分を相手に見せることができるように、面接対策や、企業研究を十分に行っておくことが成功への大きな秘訣になります。

相手の質問にただ答えるだけでなく、気になることは自分から聞くくらいの積極的な心意気で面接を受けることが、採用を勝ち取るためには必要です。

面接対策を十分にしておくことで、メンタル面や気持ちにも少しの余裕ができると思うので、胸を張って堂々と面接の場に望むことができます。

志望動機は中途採用時の重要視される大きなポイント

簡潔かつ具体性を入れた志望動機を

中途採用で人を雇う場合は、その人が今まで培ってきた経験や身につけている資格、技術を評価して採用する場合がほとんどです。

どこか別のところで働いた経験がある人を雇うからこそ、企業側としても、どういうことができる人材なのかを知りたいと思っているのです。

そのため中途採用者の就職活動で重要な鍵を握っているのは、自分が会社に対してどのような形で役に立てるのかをアピールすることであり、採用担当者に評価してもらうためのPRを志望動機などの中に織り込んでいく必要があります。

会社が求めている技術や能力を持っていることをしっかりアピールすることが出来れば、即戦力と評価され、採用となる大きな近道になるので、応募した企業の業務内容などの情報をあらかじめ収集するなどしてPRを考えまとめ、自分がアピールしている部分が、会社の仕事内容を知った上で行っていることを具体性を入れて伝えることができれば、採用の可能性がぐ~~んっと高くなります!

100%聞かれます。「何故前の会社やめたの?」

もう1つ中途採用者によく聞かれる質問として、「何故前の会社をやめたのか?」という質問は、まずほぼ100%聞かれるものと思っていたほうがいいです。

どうして前の会社を退職することにしたのかは、企業側にしてもとても気になるポイントなのです。

「上司と喧嘩した」「営業で契約実績が取れなかった」などネガティブな理由で退職を決めたという場合でも、そのままバカ正直にしゃべってしまうと、相手からの印象がすこぶる悪くなるので要注意すべきです。

例えばですが、「自分自身のステップアップのために仕事を変える」といった、ポジティブな動機を持ち出すと印象を悪くすることなく伝えることができます。

そしてここで重要なのが、「前の仕事をやめた理由」と「この会社に入りたいと思っている動機」をリンクさせることを考えなければいけません。

また、スキルアップのために前の仕事をやめたという人は、これから就職したいと考えている仕事はスキルアップが可能であるという見込み、そしてその理由が必要になります。

新しく就きたい仕事と、前の仕事を辞めた理由は、必ずしも常に繋がっているとは限りませんが、重要なポイントになるので面接の際に言葉に詰まるようなことがないように準備しておかなければなりません。

公務員の中途採用について

潰れることもなく、特段悪いことをしない限りクビもない、将来にわたって安定した収入が見込める公務員。

毎年受験者数の多い公務員ですが、公務員にも中途採用試験があります。

中途採用公務員試験は不定期開催でかなり難しい

ただご存知のとおり、公務員といっても職種は多数存在しますが、その中で中途採用を毎年行っているという公的機関はごくわずかで、特に区市町村職員、県職員といった行政職の中途採用公務員試験はごく稀です。

それに公務員の採用枠は毎年ごくわずかで採用予定人数もあらかじめ決定いるので公務員になりたくても試験に合格できず、泣く泣く公務員を諦める人が毎年大勢いますが、「だけどやっぱり公務員になりたい」と目標を掲げ日々勉強、関係資格の取得、面接対策を行い、毎年公務員試験を受けている方がいるのも現実です。

最初に説明したとおり、公務員の職種はたくさんありますので「なぜ公務員という職種がたくさんあるのに、ここを受けようと思ったのか」など聞かれるため、漠然と公務員になりたいと思っているからという理由では、門前払いのような対応をされるかもしれないため、公務員の面接試験は自分が考えてきたことよりも深く、そして細かく突っ込まれる質問をされるので、かなり気合を入れて入念な準備をしなければなりません。

民間企業に勤務していても公務員になれます!

今現在中小企業で働いている人でも公務員になることはできます。

毎年ではありませんが公務員の中途採用試験は行われており、今現在働いている、働いていないは関係なく、その試験を突破さえすれば、公務員になることができるというわけです。

公務員職だって、立派な仕事であり、使える人材、即戦力となる人材が欲しいんです!

民間企業の経験者を中途採用している自治体は年々増加しており、中途採用によって公務員として就職できるチャンスは数多く用意されているのが現実です。

業務内容の見直しや、人件費の節約のために、中途採用者の経験や実績を求める自治体や公共団体は増えていますので、これからもチャンスは大いにあります。

公務員として働くことの魅力に、女性でも男性と同じ立場で評価される場がしっかり設けられていることや、福利厚生がしっかりとしている点が挙げられますが、有事の際は突然呼び出しがかかるかもしれません。

しかし女性の観点からですが、結婚するために仕事をやめざるをえなかった方でも、公務員に就職ができるという選択肢、チャンスはかなり嬉しいものがあります。

年齢制限、必須資格に注意!

中途採用公務員試験だからといって、誰でも何でもかんでも受験できるというわけではありません。

中途採用には年齢制限が設けられており、中途採用試験を行う公的機関によって年齢幅はそれぞれです。

また中途採用する職種にも寄りますが、必須資格を設けている場合もあります。

例えばですが、市町村職員として保育士や保健士を採用している公的機関もあるので、よく応募資格を確認する必要があるので要注意を!

中途採用の求人(公務員の中途採用も含む)に応募するときの2つの重要なポイントのまとめ

今回は「中途採用」についてポイントを説明してきましたが、私が説明してきた中で1番重要なポイントと思うのは、公務員であろうが、民間企業であろうが、即戦力となれるような人材が欲しいということ。

これは絶対に中途採用を狙っている方は意識して準備を進めなければいけません。

もし自分が採用する側の人間だったら、どういった人が欲しいか考えて見ましょう。

特に面接の内容を考えるときには、自分の経験が御社の業務において、このような形で活かすことができるなど会社側に利のある具体性を取り入れた内容を準備することが重要だということを忘れないでください。

それをしっかりと意識して準備を進めていれば、自信もついてくるはずです!

これから就職・転職を考えている方の少しでも有益な情報になればとても嬉しく感じます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回更新もよろしくお願いします。

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.