お金に関わる小ネタ

【企業の融資の現状】中小企業も融資を受けるために懸命なんです

更新日:

巷には多くの企業が存在していますが、企業も個人と同様、状況により融資を利用して経営を維持しています。

それではどのような点に気をつけて、融資を受けなければならないのか?

そこで今回は中小企業の融資に着眼をおいて、まとめていきたいと思います。

そもそも「中小企業」とは何?

中小企業とは、中小企業基本法で定めるところによる経営規模が規定以内の企業のことを指します。

スーパー超簡単に説明すると、一見して規模の小さい、あるいは中くらいの会社が中小企業だと思ってください。

何をもって中小企業というかは、法律が全てとは限りませんので、ケースバイケースであることが現状です。

今では国内の企業の9割が中小企業と呼ばれています。

中小企業の融資

中小企業の融資は、幾つかの点で中小企業(小規模企業)と大企業では異なる性質があり、資金の集め方も異なります。

株や社債を発行することで、運転資金を得ているのが大会社の基本的なスタイルです。

一方、中小企業は、銀行に融資の申し込みをして運転に必要な資金をつくるといったスタイルがほとんどであり、売り上げが上がれば問題なく融資の返済ができます。

そのため銀行から融資が受けられれば、中小企業としてはつつがなく事業を継続していけるのです。

しかし実際は、金融機関から融資を受けることができない、困難を抱えている中小企業も少なくありません。

景気の低迷が続くこのご時世では、融資をしても返済できない状態になることを恐れて銀行が融資を断るケースがあります。

銀行から融資をOKされるかどうかは、中小企業にとって社運をかけた重要な命題になるということです。

中小企業が融資を受けるとき

なぜ中小企業の融資が、簡単には受けられないのでしょうか。

審査を通過しなければ、中小企業は融資を受けることができません。

そのため、中小企業が融資を申し込むときには、審査用の資料が必要であり、審査を銀行に行ってもらうことにもコストが発生し、大企業、中小企業関係なく、審査にかかるコストは同じように発生します。

しかし銀行側からすれば、大企業は融資の金額が大きいため、大企業へ融資をした方が、利益をより多く得ることが出来ます。

また大企業はもともと株式や社債の発行をしているため、情報をオープンする資料を中小企業よりも持っているため、審査の観点からも必要な書類が一式揃っている大企業のほうが、銀行も審査をスムーズにできるのです。

中小企業のほうは、書類も満足にできていないというケースが多く、財務内容がはっきりしていないような中小企業もあるのが現実です。

融資の審査を行おうにも、しっかり揃えるべき情報がしっかりと揃っていなければ、高リスクと思われることもあり、大企業は融資にあてるための担保となるものがありますが、中小企業は大企業に比べたら十分な担保を持っていません。

財務体質がはっきりしておらず、情報開示が不明確な相手に融資をする場合、銀行は担保を必要とするのが一般的でありますが、現状の中小企業の中には担保として使える不動産を所有していない企業も多いのです。

様々な難問を乗り越えなければ、いくら「会社・企業」という立場であっても融資を受けることは難しいということです。

【企業の融資の現状】中小企業も融資を受けるために懸命なんですのまとめ

今回は、中小企業の融資の現状について触れてきましたが、いち個人でも融資を受けることは難しいのですが、会社・企業は準備する書類なども複雑で個人で融資を申し込むよりも難しいことかもしれません。

東京都など首都圏の地域では景気が良くなってきている企業もありますが、地方の都道府県の企業ではまだまだ景気の低迷が続いており、厳しい状況にある企業は少なくありません。

計画的な企業融資を行うことで、少しずつでもいいので地方も首都圏も日本全国の景気が良いと感じることのできる社会になることを期待したいと思います。

ご覧いただいた方へ少しでも有益な情報になれば幸いです(*^^)v

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回更新もどうぞよろしくお願いいたします!

-お金に関わる小ネタ

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.