就職・転職

【転職を考えている人向け】転職活動をする前に知っておくべき4つのこと

更新日:

転職活動において忘れがちなのが、予想以上に時間がかかるということ。

私も転職者の一人ですが、次の仕事に就職するまでかなりの時間を費やしました。

費やした時間は約半年。

勤めていた会社をやめ、6ヶ月間の間、某大手回転寿司店でのアルバイトや公共機関の臨時職員として働いていました。

就職活動・転職活動をやってて、自分にオファーがきていて一発で内定がもらえるような状態であればそれに越したことはありませんが、現実は中々うまくはいきません。

そこで今回は私の経験も交えて、転職活動をする前に知っておくべき4つのことについてまとめていきたいと思います。

転職活動は思っている以上に時間がかかります

冒頭にも述べましたが、実際、転職活動の内容は人それぞれ違いますが、かなりの時間がかかります。

自分の予定が良くても、応募した相手会社側の都合が合わなかったりということがよく起こります。

平均的には、転職活動をスタートしてから内定を貰うまで約3~4か月かかると言われています。

んじゃ私は時間がかかりすぎだったのか...(泣)

会社や応募の仕方によってスピードはまちまちですが、書類選考から面接に至るまでのステップで早ければ応募した当日にやってもらえたり、長ければ1週間以上かかるケースがあります。

1社に応募してから書類選考、面接を経て返事を貰うまで平均で約2~3週間の時間を要するため、1社の返事を貰ってから次の会社に応募しよう、などと考えているとあっという間に時間が過ぎてしまいますのでご注意を!

求人内容をよく確認しよう!

転職活動において注意したいのが求人募集が急ぎのものか、そうでないのか。

特に在職中に転職活動を行う場合、自分がいつ今の職場を辞められるのかも考えなければいけません。

今すぐ人員が必要なため急ぎの求人を出す企業があります。

中には明日にでも来てほしいというところも。

そういった企業に応募すると、せっかく内定を貰ったのにまだ在職中なためにそこで働けるのが数か月後、となると不都合が出てきてしまいます。

ある程度は融通が効く企業もありますが、事前にいつから就職するのか、いつから転職できるのかを確認しておきましょう。

求人情報を集めるにはどうしたらいい?

円滑に転職活動を進めるためには、どのような方法で求人情報を集めるかが重要です。

最近ではネット上の求人サイトを利用するのが便利で主流になってきています。

私も某大手求人サイトに登録し全国各地の求人情報を得ていました。

私は仕事をしていない立場で登録しましたが、仕事をしながら転職活動をしている人にとっては、利用時間を制限されないため非常に便利なサービスです。

転職エージェントサービスを利用してみよう!

求人サイトに登録すると転職エージェントサービスを利用できるものもあり、これ利用して求人を紹介してもらうのもおすすめの方法です。

求人サイトにも公開されていない情報もあるだけでなく、エージェントの方が指定した時間にメールや電話で相談にも乗ってくれるため、普通の求人サイトに比べて就職率も高くなっているのが現状です。

転職・就職フェアに参加しよう!

東京都などの都市部では転職フェアというのも行われています。

企業が一つの会場に集まって求職者を募ります。

各企業の採用担当者がその場にいるため、直接担当者と話をできる数少ない機会です。

雑誌や新聞を読もう!

ネットではなく紙媒体では、新聞の求人広告欄や転職情報誌があります。

リアルタイムな情報更新ではありませんが、その分特に地域に根差した情報が多く、小さい会社やUIターンを求める地元企業はこちらに掲載することも多いようです。

特に地方の求人はサイトに載らないことも珍しくないため、地元で就職したいと考えている人にはこの方法もおすすめできます。

在職中の転職活動で気を付けたいこと

収入を途切れさせたくないために、働きながら転職活動をしている人も多いかと思います。

私も働きながら転職活動をすればよかったと後悔しています...(泣)

しかし在職中の立場を考えると、業務が立て込んでいたり有給が取りづらい状況である企業が多く、中々平日では面接の時間が取れないという場合もあります。

土日に面接の機会を設けてくれる会社もあるため、万一自分の都合がどうしてもつかないのであれば一度担当者に相談してみた方が良いでしょう。

転職を考えていることは今の職場の人には絶対に言わない

見出しのとおり、転職を考えていることを現在の職場の上司、先輩、同僚に話してしまうと、「あとお前は必要ない」と言われたり、「だったら早くやめてくれ」というような態度をとられます。

うかつに口に出すと引き止めるために会社側から交渉されたり、周りに根回しされたり……と面倒ごとが増える可能性があります。

また、社内の人間関係にも影響が出る場合もあるため、転職先が決まって退職届を出すまでは誰にも話さないでおくべきです。

そんな「今すぐやめろ」みたいな態度をとられたら、とても図太い精神の方なら大丈夫かもしれませんが、無駄にストレスを抱えてしまうことになります。

そのため、今転職活動をしているということは今の職場関係者には話すべきではありません。

退職届(辞職願)の提出・受理について

退職届を出す場合も、出してすぐに受理されるとは限りません。

現在の職場でこなしている業務の引継ぎにも時間がかかります。

退職する数週間前、1か月前には提出するという会社の規則があるはずですので、事前に確認しておくとスムーズに各種手続きが進みますので、転職を考えている人は会社の「就業規則」のようなものを今一度確認しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は主に転職を考えている方向けに転職活動をする前に知っておくべきことについてまとめてきました。

簡単に重要なことをおさらいすると以下の4点になります。

・転職活動は考えている以上に時間がかかる

・求人内容はよく確認する

・求人情報は求人サイトのほか、転職・就職フェアや雑誌・新聞でも情報を仕入れることができる

・転職することについては現在の職場関係者には絶対に話してはいけない

転職活動は時間に余裕を持った行動が必要になってきます。

求人情報の内容はよく確認して活動するようにしてください。

これから転職を考えている方へ少しでも有益な情報になれば幸いです(*´ω`*)

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回更新もよろしくお願いします!

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.