就職・転職

【面接の自己PRはこれを押さえよう】転職活動・就活での面接試験

更新日:

ãç¦å²¡å¸åã®è¡ä¸¦ã¿ç¦å²¡å¸åã®è¡ä¸¦ã¿ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

面接の自己PRは、就活・転職を達成するための大事な要素であることは、よく知られています。

きちんとした自己PRを準備しておけば、希望の職種へと転職を成功させる大きな近道となります。

またその反対に自己PRの準備怠れば、転職活動が思うようにいかないことは、よく知られていることです。

ではどういった自己PRをすることで、希望の職種へとうまく転職できるのか。

また、転職活動の成功確率を高めることが可能になるのでしょうか。

今回は就職・転職活動での自己PRに注意する点と重要なポイントについてまとめていきたいと思います。

転職活動での自己PRの注意点

「転職」はご存知のとおり、以前に何かしらの職業についていた方が、新たに別の職業・会社に勤めることを意味します。

未知の業種へと転職を考えている人は、どんな内容の自己PRをすれば面接で効果で出るのでしょうか。

そのため、単なる自己PRといえども、高卒ストレートみたいにこれから初めて就職される立場ではありませんので、「それなりの経験を交えてPRしてくるだろう」と企業側も構えているはずです。

しかし実際のところ、未経験の職種に転職するのは簡単ではありません。

それでも未経験分野へ、転職を成功させた人もいます。

自己PRはどのような内容かによって、企業に対し自分を売り込めるかが決まりますので、自己PRはとても重要なんです!

どのような形であれ、求人情報が出ているということは、企業側は人材という戦力を必要としているということです。

経験がある人はある人で、自分の経験・プライドが物を言い、現場を硬直化させる、若しくは雰囲気を乱してしまうというリスクがありますが、今までその仕事をしたことがない方は、これから社会を勉強していく立場として、仕事について先入観を持っていないという点では、会社にとって有益な行動をとると判断される可能性も考えられます。

転職活動での自己PRの重要なポイント

自己PRでは、この会社でなければという意気込みを伝えることがとても重要になります。

ごく一般的な自己PRでは、今までの自分の経歴、保有している資格や残した実績、転職する理由などを面接で相手に説明することになりますが、応募先によってセールスポイントを変えるようにしなければなりません。

どの会社の面接においても同じ内容ばかり話していてはいけません。

会社が欲している技能や技術をメインに据えて、アピールポイントを明確にし、わかりやすく、すっきりまとめた内容を準備しておくことが必要です。

過去に自分がしてきたことを折り込みながら、過去の実績をまとめて、相手側がすぐに理解できるような分かりやすい形に整えて、自分自身を存分に相手側にPRしていきます。

自己PRでは、過去に積みあげてきた実績が自分のこれからにどんなふうに関わっていくか、自分が持っている良さが、今後の仕事でどのような形で活かしていくかということも重要な主張要素です!

とくにネットからの応募では、いかに自分を差別化するかを考えて自己PRを作り上げなければなりません。

また自己PRでよく使われる自分の長所と短所についてですが、長所は自分のセールスポイントであるため、自身をもってアピールしても大丈夫ですが、自分の短所についても、短所だからといってネガティブに考えるのではなく、ポジティブに前向きに考えて、セールスポイントにしましょう。

短所をアピールしてもただ悪いイメージを与えるということではありません。

企業側からすれば、長所や短所も知ることでその人の性格・人柄も確認しているのです。

補足で当然ことではありますが、今自分が持っている、または身につけている技能や資格などは十分にアピールできるポイントです。

すでに身につけている資格、いわゆる技能です。

「この資格は御社の業務において・・・な場面で大いに活用できるものと思っています」など所持している資格と会社の業務を照らし合わせてPRすることで、良い印象を与えることができます。

そのためには、あらかじめネットなどで応募先の企業の業務内容を少しでも把握しておくことが重要です。

年齢によって変わる転職の自己PRポイント

年齢によって何歳の時点での転職かでも、自己PRの内容は異なります。

例えば同じ自己PRでも、これから社会という世界を歩もうとする20代と、社会人人生も多くの経験がある40代とでは、企業側も見る目が当然違います。

これから初めて就職される10代、20代の方の場合は今までのアルバイトでの経験や自分の長所短所、学生時代での経験を応募先の企業でどのように活かしていきたいなどといった内容の自己PRになるケースが多いと考えられます。

しかしある程度社会人人生を歩んでこられた方は、これまでの実績や経験がどれだけ応募先企業において活かせるか、なぜ転職を決意したかなど、やはり新卒方とは違い、一歩踏み込まれた面接になることは間違いありませんが、実績と経験がどういう場面でどれだけ活かせるといった具体的な内容が組み込まれているような説得力のある自己PRを行えば、面接官も納得し、興味を感じさせる印象になるでしょう。

繰り返しになると思いますが、ある程度社会人経験の重ねている方の転職は、経験・実績のPRがとても重要になってきます。

ただテンプレートのような、または決まり文句のような自己PRを作成、自分の過去についてただずらずらと書くだけでは面接では通用しません。

こういう考えを持って、どのようなことを成し遂げて、どんな結果を残したのかを、簡潔に筋道を立ててまとめます。

自己PRは企業側から見て、即戦力になる人材かどうかを決めるタイミングの1つなので、シンプルかつ要点を簡潔にまとめた自己PRをつくることです。

また、自己PRの内容を作成する時には、過去の実績、経験のみではなく、新しい環境にチャレンジする積極性も意識して作成しましょう。

何歳の時点での転職活動なのかを考慮して作成することが重要になってきます。

【面接の自己PRはこれを押さえよう】転職活動・就活での面接試験のまとめ

今回は転職活動での自己PRの注意点と重要なポイントについてまとめてきました。

自己PRは準備する前に、インターネットなどを活用して、事前に応募先である企業についての情報を収集しておくことがとても重要です。

どのような業務をしているのか、その業務で自分の知識、経験、資格はどのような場面で活かしていけるのかなどを考え、企業が欲しいと思っている人材と、自分との一致点を探し見つけることが、転職での自己PRでとても重要になってきます。

転職を成功させるには、効果的な自己PRを行い、自分の価値を存分に企業に伝えることで、内定を手に入れることができるでしょう!

就職活動、転職活動をされている方を応援しています!

ご覧いただいている方に少しでも有益な情報になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回更新もよろしくお願いします!

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.