就職・転職

転職目的で求人サイトを利用して感じた3つのメリットと2つデメリット

更新日:

近年、転職活動の際にハローワークだけでなくネット上の求人サイトを利用する人が増えています。

転職者だけでなく企業側もサイトを積極的に利用するようになってきているため、従来より様々な求人情報を見られるようになりました。

ですが求人サイトのメリットは情報量の多さだけではありません。

そこで今回は転職サイトを利用して転職活動を行うメリットとデメリットを紹介していきます。

求人サイトのメリット

最大のメリットは情報量の多さと、ネット環境があればリアルタイムで求人を見れること

求人サイトはハローワーク同様に無料で利用できます。

わざわざハローワークに行かずとも、スマートフォンやパソコンがあれば時間を気にせず好きな時に情報収集が出来てしまいます。

絶えず新しい求人情報が入ってきますので、ハローワークに比べて情報量が多いのも特徴。

就業地はもちろんですが労働条件や年収、自分の持っているスキルといった様々な条件で検索出来るので、好条件の転職先を非常に効率的に探せます。

また転職活動で求人サイトを利用する人の多くは複数のサイトに登録しています。

というのも、1つのサイトだけに求人を出す企業が多いから。

複数のサイトに登録すれば、それだけ好条件の求人を見つけやすくなります。

代表的なサービスの1つに企業側からスカウトが来る

サイトに自分のプロフィールや希望職種等を登録しておけば、条件に合った新しい求人情報が入ったとき、あるいは企業側が探している人材とあなたのプロフィールが一致したときにスカウトしてもらえるという代表的なサービスがあります。

向こうから情報が来るので調べる手間がなく、時間が圧迫されません。

急ぎの転職ではなかったり働きながら転職活動をしている人は、登録だけしてスカウトを待つといった使い方もできます。

またスカウトされている企業に対しては有利に転職活動を行える場合が多く、このスカウトサービスは積極的に利用していくと良いでしょう。

気に入った求人にすぐに申し込み可能

気に入った求人があれば、サイトの応募フォームから申し込みできるのも利点です。

わざわざ担当者に電話をして履歴書を送ってそこから書類選考を待って……という手間と時間が省けます。

特に郵送だとその分だけ時間がかかりますよね。

従来だと結果が出るまで往復で3日以上かかっていたのが、サイトを利用すれば早ければ即日で返事が来たりします。

中には応募フォームが履歴書の代わりという企業はその分手間が省けますし、そうでないところも履歴書を送る前に自分の人となりを見てもらえるため転職活動がスムーズに進みやすくなります。

求人サイトのデメリットは?

より多くの求人情報を得るには複数のサイトに登録する必要あり

転職活動の際に大いに役に立つ求人サイトですが、情報を見るために登録しなければいけないところもあり、わざわざ複数サイトに何度も同じ情報を登録するのが煩雑と感じる人もいるようです。

採用試験、面接対策は自力でやる必要あり

情報の仲介をするだけの求人サイトは、採用試験の対策や面接の際の心得などを教えてくれません。

必要な情報は自分で調べながら、取捨選択する必要があります。

相談のできるハローワークや転職エージェントと比べると、転職の相談に乗ってくれたり面接までの手続きを自分で行わなければならないため転職活動がいまいちうまく行かない、という人も多いようです。

書類選考で落とされる、面接まで行くけど通らない、と失敗を繰り返す人にとってアドバイスが無いというのは辛い状態です。

このような場合は転職エージェントを利用した方がいいかもしれません。

転職エージェントでは書類作成や面接対策なども行っていますので、アドバイスを貰うためにもそちらの利用も視野に入れてください。

転職求人サイトで転職活動を行うメリットと、利用する際のデメリットのまとめ

今回は転職求人サイトで転職活動を行うメリットと、利用する際のデメリットを紹介してきました。

転職サイトに登録することで様々な情報を得ることができ、とても役に立ちますが、就職・転職を100%保証するのではなく、あくまでサポートとしての役割であることを忘れないでください。

希望の職種に就くことができるよう、転職求人サイトをうまく活用していきましょう。

就職・転職を目指している方へ少しでも有益な情報になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました(*^^)v

次回更新もよろしくお願いします。

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.