就職・転職

【いますぐ抑えよう!就職・転職のコツ】就職・転職活動時に得た情報の活用法

更新日:

企業が人材を獲得するためには、求人情報を出して求職者に情報を届けなければいけません。

とは言え一口に求人情報といっても、その情報の形態は様々です。

ハローワークや人材斡旋を請ける会社を利用する企業や、求人サイトや求人雑誌に広告を出す企業もあります。

どの方法であれ探す際の情報量はとても多く、条件が複雑化しているため、どこに応募しようかを決めるだけでも一苦労です。

またどのような仕事に就きたいのか決まっていない人にとっては、求人が多すぎて中々決められず困ってしまうということも。

どのような方法で探していくか、どのような条件で探すのかを事前に決めていくことで、転職活動の進め方が変わっていきます。

そこで今回は求人情報の探し方、得た情報の活用法についてまとめていきたいと思います。

求人情報の種類と探し方について

どんな仕事に就きたいかはっきり決まっていない人は、どのような条件の仕事に就きたいかを考える必要があります。

先ほど述べた通り、情報収集の方法は様々です。

また、ハローワークだけ、求人誌だけ、サイトだけに、と限定して載っている情報も数多くあります。

そのため手あたり次第に求人情報を見ているだけでは時間をロスするだけです。

条件を絞り、膨大な求人情報の中からピックアップした上で自分に合いそうな情報に目を通すと良いでしょう。

逆に、初めからどのような仕事をしたいか決まっている人にとって、普遍的な業種が満遍なく掲載されている普通のサイトや情報誌では少々物足りないかと思います。

専門的業種に特化した就職、転職サイトの活用

専門的業種を目指している人向けに、特定の業種や職種に特化した転職サイトが近年増えてきています。

ITや介護、飲食業、海外就職など業種・職種に特化しており、専門的な求人情報も扱っているため特に経験者や特定の業種にこだわる人にとっては、こういった専門的な分野の求人サイトを利用することをおすすめします。

最近では、各企業で自社のホームページに採用情報を載せていることもありますから、もしあこがれの企業に応募したいという人がいるなら一度見に行くといいでしょう。

地元就職希望ならハローワーク

逆に地方の中小企業は求人サイトよりもハローワークに求人を出している場合が多く、地元企業に就職したいのなら大手の求人サイトよりも地域のハローワークを利用した方が確実です。

ハローワークもインターネットサービスがあるので、もし地元就職やIターン、Uターンを考えているならそちらを一度覗いて見るといいでしょう。

情報は有効に活用する

せっかく条件のいい求人を見つけても、履歴書等の書類や面接での印象が悪ければ就職することが出来ません。

そのためどのように書類を作ればいいか、面接時の対策はどうすればいいかは非常に重要な事項となってきます。

求人サイトには書類の書き方や面接対策等を紹介してくれるところもありますので、参考にしてみると良いですよ。

応募の前に下調べをする

業界や職種に関する情報は、応募する前、あるいは求人情報を探す前にある程度下調べしておくことも大切です。

自分が思っているよりも仕事内容がハードだったり条件が悪かったりといった場合、就職してから後悔することになりかねません。

また、履歴書等に応募する業種と全く見当違いなことを書いたりすると、書類選考の時点で落とされる可能性も。

ハローワークや転職エージェントに相談したり、あるいはネットを駆使して情報を集めながら対策を練ることが必要です。

まとめ

今回は求人情報の種類と探し方、得た情報の有効活用についてまとめてきました。

簡単に要点をまとめると、以下の3点になります。

・専門的業種に特化した就職、転職サイトの活用

・地元就職希望の方はハローワークを利用

・求人に応募する前に下調べを行う

就職、転職に関する情報収集と一口に言っても多岐にわたるため、手あたり次第一つ一つ見ていくと時間があっという間に過ぎてしまいます。

周りからいろいろとアドバイスをもらうことがあるかと思いますが、やはり自分にあったスタイルを築くことが重要であるため、自分に合った方法と、どのような条件で働きたいかは事前に考えておきましょう。

自分なりの方法で手に入れた情報をフルに活用することで就職内定が見えてくるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

就職転職活動をされている方へ少しでも有力に情報になれば幸いです。

次回更新もよろしくお願いします。

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.