就職・転職

【比較してみました】転職活動は退職してからがいいのか?在職中からしたほうがいいのか?

更新日:

既にフルタイムで会社に勤めている場合、転職活動を行うことは容易ではありあません。

その理由のひとつに、希望する会社の面接時間と現在勤めている会社の勤務時間とが重なっていることが挙げられます。

現在、正社員として勤務している人がある日突然、「今度の〇月〇日に転職活動に行くので休暇を取らせてください」と直属の上司に言えるでしょうか?普通は言えませんよね( ;∀;)

このような状況が全く無いとは言い切れませんが、定年まであと何年も会社に在籍できる状況で仕事もそれなりにこなしている人であれば、なかなか切り出せる話ではありません。

会社の側も仕事の采配をする上で、退職の意思表示をしている人に重要なプロジェクトを任せることが出来なくなります。昇進や昇給もためらうはずです。

そうなると転職活動をする方法は、大きく二つに分かれると思います。

ひとつは現職を退職後に転職活動をする方法、もうひとつは誰にも気づかれずに在職中に転職活動をする方法です。

どちらの方法も一長一短でその人の状況によって選ばなければなりません。

そこで今回は退職後の転職活動と在職中の転職活動のそれぞれ長所と短所について比べていきたいと思います。

退職後に転職活動をする

「仕事が忙しくて時間が取れない」

「事務職なのでなかなか会社から抜け出せそうにない」

「家庭の事情で遠くに引っ越すので近くで転職活動ができない」

このような場合であれば現職を退職後に転職活動をすることになります。

他にも、

「現職にけじめをつけてから転職したい」

「きちんと時間をかけて転職活動をしたい」

という人もいると思います。

現職を退職してから転職活動を行うことの長所は、十分な時間が確保できるので機動的に行動できることです。

書類選考が通過した後はいち早く面接に向かうことが出来るので、選考結果が出るのが早いです。

さらに転職活動のスケジュールを密で効率的に組むことができる為、万一選考で落ちてしまった場合でも別の会社の選考に素早く移行できます。

また現職に気を遣う必要が無いことも長所です。

退職までいつも通りに仕事を行い引継ぎもきちんとすれば大きな問題は起こりません。

一方で短所も考えておく必要があります。

一番の大きな問題は退職後に収入がほとんど無くなることです。

収入が無くなるために生活費を抑えなければならない上、税金や国民年金なども今までどおりに納めなくてはなりませんので、その分の負担も考えなければなりません。

さらに転職活動が長期化した場合、仕事をしていないブランク期間が増えていくので書類選考上で不利になります。

精神的にも追い詰められるので面接などで上手くいかなくなる可能性が出てきます。

その結果、早く転職先を決めたいという焦りから自らを安売りする様になり、希望とは程遠い会社で妥協してしまうのです。

こうしてみると退職後の転職活動は意外と時間が無いですので、出来ることならば避けたいです。

しかし、家庭事情などの理由からこの方法を選択しなければならないこともあります。

その場合には転職サイトへの登録、企業研究、業界研究、履歴書や職務経歴書の作成など、退職前に出来ることを可能な限り先に進めておくようにしましょう。

いずれにせよ退職後の転職活動には計画性とスピードが求められます。

在職中に転職活動をする

在職中の転職活動にも長所と短所があります。

長所として経済的不安が少ないことが挙げられます。

経済的な理由から転職をする人は別でしょうが、それでも今までと同じ位の収入を得ながら転職活動ができます。

費用面で考えておかなければならないのは交通費、履歴書や写真代などです。

場合によっては宿泊代などがかかることがあるかもしれませんが、収入の範囲内であれば一時的な出費に過ぎないので、大きな問題になることは少ないはずです。

経済的な心配が少ないので精神的にゆとりが出ます。

転職活動をしていることが現職に知られていなければ、転職せずに現職に留まるという選択がいつでもできます。

このように在職中の転職活動はリスクが少ないです。

やむを得ない事情が無い限りはなるべくこちらの方法をオススメします。

しかし、この方法に問題が無いわけではありません。

在職中の転職活動の短所として、スケジュール管理が非常に難しいことが挙げられます。

会社に知られない様に転職活動を行う場合、会社が転職活動に協力することはありません。

転職活動で忙しくなっても普段通りに会社の仕事をやらなければならないのです。

転職活動を行うことを会社に話すという方法もありますが、これは家庭の事情などやむを得ない事情を抱えている場合に限られる上、会社の理解や上司との信頼関係がなければ出来ないことです。

問題はそれだけではありません。

もし内緒にしていた転職活動が会社に知られた場合、今まで築いてきた会社との信頼関係が崩れてしまうリスクがあります。

既に退職を決意していれば大きな問題は無いのですが、現職に留まる可能性を残したままの転職活動は困難になります。

何とか現職に留まることが出来たとしても、昇進や昇給の面で不利にな状況に立たされます。

このように在職中の転職活動は経済的なリスクが少ない代わりに、スケジュール管理やなどの面で気を遣うのです。

まとめ

今回は退職後の転職活動と在職中の転職活動のそれぞれ長所と短所についてまとめてきました。

要点をまとめると以下の様になります。

退職後の転職活動

長所

転職活動に十分な時間がかけられるので、効率的にスケジュールを組むことができる残りの仕事と引継ぎを行えば現職に気を遣わずに済む

短所

経済的に大変になる

転職活動が長期化すれば精神的にも追い詰められる

仕事をしていないブランク期間ができる

在職中の転職活動

長所

経済的不安が少ない

短所

スケジュール管理が難しい

転職活動が会社に知られた場合のリスクがある

オススメは経済的負担が少ない在職中の転職活動ですが、その人の置かれている状況や立場などによって異なりますので、よく考えた上で選択してください。

-就職・転職

Copyright© GOOD LUCK LIFE , 2019 All Rights Reserved.